ページの先頭です

ヘッダーの始まりです




本文の始まりです

オンラインカリキュラム

サポートサイトTOP

1.HowTo

リピーターを獲得するための施策あれこれ

いつもご覧いただいている皆様ありがとうございます!

この記事も4回目となりました。

これまでの流れを整理すると、

①まずはお客様を十分におもてなしする
②購入していただいたお客様に充分に感謝の気持ちを伝える
③会員 になってもらうために特典をアピールする

というお話をしました。

要は、お客様に「この店利用してよかった」「このお店は会員になるとなんかメリットありそう」
と思ってもらうことがネットショップでも重要なのです。
実店舗と全く同じですね。

ただし、第1回目の記事でお話したように、ネットショップは「忘れやすい+浮気症」という面があります。
そのため、”どんなに良いショップ”だと思っても、”会員登録”をしても、人は忘れてしまうのです。。。

忘れられたら、どうしましょう。
思い出してもらうのを待ちますか??
いやいや。そんな草食系男子みたいなことはやめましょう!

お客様と積極的にコンタクトを取り、縁を切らさないようにする必要があります。

では、お客様と縁を切らさない手段として何があるでしょうか?

代表的なのは”メルマガ”ですね。

メルマガを送ることで、お客様に思い出してもらうことが出来ますし、キャンペーンやセールなどの告知も出来ます。
ただし、現にメルマガを送っている方でも、

あまり開封されていない…
画像とか埋め込みたいけどやり方がわからない…
そもそもどんな内容書けばいいかわからない…

とお悩みの方はいないでしょうか?

そんな方はこちらの記事をご一読ください。
http://support.cagolab.jp/onestep/step1/10.html

メルマガの特徴からメルマガを送る理由、
書き方、開封率を上げる裏ワザまで紹介しています。

まずはこちらのワンステップガイドを読んで頂き、メルマガとは?というところを深めてみて下さい。

本記事ではメルマガを使って、よりお客様をサイトに誘導することのできる施策をご紹介します。

メルマガクーポンを発行して売上をコントロールする

メルマガ会員だけの限定クーポンを発行することで、会員の動きを活発にすることができます。
「会員様限定に割引クーポンをお送りします」 というメールは、
受け取った人には思った以上の
特別感があり、ついクーポンを利用して購入したくなります。

このクーポンイベントを時期、商品、客層を変えつつ開催することで、売上がある程度コントロールできるようになります。

例えば、通常売上が落ちる時期にクーポンを利用することで、その売上をカバーすることができます。

本当に売りたい商品があまり動きがないのであれば、その商品 だけに限定することで、
普段はあまり動きがない商品でも売上を押し上げることができます。
1回だけ購入したお客様だけに限定すれば、リピート購入も促進できます。

このように、メルマガ+クーポンを利用することで、お店側である程度コントロールすることが可能になります。

カゴラボでは、上記のようなクーポンを用いた割引のカスタマイズも対応可能ですので、
もしご興味があればサポート担当までご相談ください。

レビュー投稿でポイント付与

その名のとおり、商品に対してレビューを投稿してくれた会員さまにポイントを付与するというものです。

レビュー投稿を促すことの効果も勿論ですが、ポイントを付与することで
ユーザーの購入意欲を高める効果もあります。 

独自ドメイン店の強みは、ユーザーを囲い込み出来る点にあります。
そのお店で得たポイントはそのお店でしか使用できませんので、
ポイントを付与することで購入意欲を高める効果 があり、リピート購入も期待できます。 

また、レビュー自体にもものすごく価値があります。
商品詳細ページにお客様のレビューがあるのとないのでは、コンバージョン率が大きく違うと言われています。

やはり、実際に商品を手にとって確かめることが出来ないという事情から、
消費者としては購入者のレビューはとても気になるところです。

そのため、ECサイトではレビューを集めるということが必要不可欠になります。
ただし、何もしなかったらなかなかレビューは集まりません。
そんな時に、レビュー投稿にインセンティブを付けることで 投稿を促しましょう。

カゴラボではレビュー投稿でポイント付与のカスタマイズも可能ですので、
ご興味が有る方は是非サポート担当までお問い合わせください。
http://www.eccube-school.jp/cagolab-custom/detail.php?id=19

まとめ

今回の記事をまとめます。

お客様とは縁を切らさない積極的なアプローチが必要
一番始めやすい施策はメルマガを配信すること

+αで「メルマガクーポン」「レビュー投稿でポイント付与」

 

次なる施策にお悩みの方は是非ご検討ください。

最終話「イベントを開催・成功させるためのパターン」についてお話します。

この記事を見た人は、こんなページも見ています

関連情報

キーワードで記事を探す

キーワードを入力

先頭へ戻る

本文の終わりです